第105回 Vトークradio  最終日は楽しかったけどまさか最後に地獄が Aパート


オープニングはIPhone 途中からIpadなので、音質が異なります申し訳ありません
  
・安全靴市場にスポーツメーカーが参入しています。
・20代、30代の若い方や女性にも好評
・アシックスは20年も前から参入している
・ランニングシューズの技術も導入
・ミズノは2年前から参入
・ウォーキングシューズの技術も導入
・アシックス・ミズノだけでなく海外メーカーにも参入してもらいたい

・最終日は八戸のスマイルホテルから出発
・朝ご飯はパン食なのにせんべい汁が気になって「●●の三杯汁」になるところでした
・曲がり角をいくつか曲がって広域農道へ
・広域農道は走り易い知りやすいが、目的地はどこよ?
・コマ地図ゆえの欠点が
・グイッと左折すると太い県道134号 フツーに左折すると狭い県道224号
・国道4号線の朝 流れが早い 軽自動車と軽トラの速度にビックリ
・田子⇒「たっこ」 ロッテの選手は「田子」とかいて「たご」
・にんにくの名産地。さすがにお土産にはできない
・トンネル建設促進の看板で峠道の厳しさが想像できます
・青森側と秋田側でカーブも勾配が違うとなるとトンネル促進もね~
・いよいよ立ちゴケ注意の交差点 怖いよ~
・大館方面でなく、十和田湖方面に 
・反対側から車が来たら、スイッチバック方式?  ひじょ~に きびしぃいい~
・発荷峠に到着。す~す~するハッカ?
・樹海ラインとはいうものの
・あっという間に小坂鉄道レールパークに
・テレビ東京の番組をみなけりゃ知らなかったし寄らなかった
・保育園の園児をみて、たっくんを思い出して「じぃじぃ」の目線に
・ここからマニアックなので DD13やらエボルタ充電池車両がありました
IMG_4602.JPG












・DMF31SBエンジンって何?
P8215489.JPG
P8215493.JPG 












 D⇒ディーゼル  M⇒モーター  F⇒6気筒
 31⇒排気量で31リッター  S⇒ターボチャージャー B⇒二回目の改造
・しかもダイハツが製造していた!!!・小坂鉄道は2009年に廃線 旅客扱いは1994年まで
・貨物輸送が主でした
P8215499.JPGP8215504.JPGP8215505.JPG



















・オハネフ24系 オハネ24系 スロネ24系 カニ24系など留置されています
P8215508.JPGP8215509.JPGP8215510.JPG


























わからなくていいんです!!⇐前回も同じことを・・・・
・キハ2100系がさびさびなのは残念
P8215507.JPGP8215522.JPGP8215523.JPG
・「KOSAKA」マークがうれしい kurogaku
P8215484.JPGP8215474.JPG


















・今にも列車到着しそうだ


IMG_4623.JPGP8215526.JPGP8215525.JPG












IMG_4621.JPG













・さぁ松尾八幡平に向って再スタート!!

IMG_4624.JPG

















・十和田八幡平四季彩ライン???? ローカル線だから撮り鉄は断念
・気分は「アゲアゲ」⇐古ッ!!
・北緯40度のモニュメントになんだかなぁ~
IMG_4626.JPGIMG_4627.JPG


















・地熱発電所発見も国定公園内では開発もむずかしい
・八幡平ビジターセンターの先客にビビる kurogaku
・「馬で来て、下駄で帰る 後生掛」といわれる温泉
・さまざまな温泉があるけど とろけて帰れなくなりそうなのでパス
・大深沢展望台で海外の方が先客で
・うまく撮れないkurogaku まぁセンスがないだけ
IMG_4628.JPGIMG_4629.JPGIMG_4648.JPG























・駐車料金1000円???? まじか???
・藤七温泉に向いました
IMG_4654.JPG
IMG_4658.JPG




















・日帰り入浴700円でした ボディソープにシャンプーあり
・天空の露天風呂には、かなりのおね~さんがいらっしゃいましたがはなれていたので
・極楽 極楽  良いお風呂じゃ~
IMG_4656.JPGIMG_4657.JPG


















・所詮 一人では時間が余る
・男性が倒れている?????  AEDはどこに???
・湯あたりで大事に至らず よかったよかった
・ちょっとしたカーブで撮りました
IMG_4661.JPG














メールはこちらに
メールフォームはこちら

この記事へのコメント